カメラを処分する時の注意点

どうせカメラを処分するなら、無料やリサイクル費用を支払って処分するよりも買取り業者に売る方がいいといえるでしょう。しかし回収する業者や買取り業者を選ぶ時にも注意が必要です。注意点について説明します。

まずは無許可で回収をしている業者に注意することが必要です。買取りだけでなく、悪質なケースになると無料と宣伝しながら高額な料金を請求されるケースもあり、事前に口コミや信頼できる業者かどうかを自分の目で見極めることが必要になります。

メモリーカード次にカメラを処分する時に注意することは、デジタルカメラのメモリーカードの取り外しをすることです。メモリーカードを入れたまま処分してしまうと、自分の大切な撮影データが紛失してしまうだけでなく、自分のデータが流出してしまう可能性があります。そのことからメモリーカードを抜くのは忘れないようにしましょう。

またカメラのメモリーカードを取り外したからといって安心してはいけません。実際にカメラの内部にもデータが残っている可能性があります。カメラの本体を初期化すればすべてデータが消えるので初期化をしてから売るようにしましょう。

カメラを売る時には悪徳業者と、自分の情報の流出に気をつけることが大切です。


関連記事

  1. カメラ・レンズの処分に困ったら売ろう!
  2. カメラを処分する方法
  3. どうせ処分するなら高値で売ろう
Pocket